チェックすべきサマートレンド特集

モルガンがギャップの株を格下げ 株価は5.79%減

米投資銀行JPモルガン(J.P. MORGAN)は18日朝、ギャップ(GAP)の株価を“アンダーウエート”に格下げし、2019年12月の予想株価を30ドル(約3360円)から24ドル(約2688円)へと下方修正した。これを受け、株式市場の開始と同時にギャップの株価が下がり、同日の終値は前日比5.79%減の25.56ドル(約2863円)だった。またJPモルガンは同社の19年度の1株当たりの利益(EPS)予想を2.38ドル(約267円)に下げた。

 JPモルガンはこの要因として、「ギャップの流行を予測する能力や、売上総利益率を改善する価格力、好調なマクロ経済における売り上げ伸長の見込み」などの低さを挙げている。

 また19年にマクロ経済の勢いが弱まれば、ギャップの既存店売上高の低迷がさらなる不安材料になるという。市場が堅調な現時点でも、18年度の同社の既存店売上高は17年度と比較すると2.5%下がっている。

 他にも米中関税摩擦や、在庫整理のための過剰な販促活動、かさむ輸送費、店舗従業員の低い賃金など懸念される点を挙げている。ギャップの米国の最低賃金は15年から変わらず時給10ドル(約1100円)だが、競合他社のウォルマート(WALMART)、ターゲット(TARGET)、アマゾン(AMAZON)などは賃上げを進めており、各社は米国での最低賃金を時給11~15ドル(約1200~1600円)にしている。ギャップにとってはクリスマス商戦時の短期雇用者の確保も難しくなるだろう。

 唯一の望みは、「オールドネイビー(OLD NAVY)」だ。JPモルガンも同ブランドについては「優良ブランドだ」とコメントしている。

「クロエ」がパリ以外で初のランウエイショー 6月に上海で

クロエ(CHLOE)」は2020年プレ・スプリング・コレクションのランウエイショーを6月5日に上海で開催する。「クロエ」がパリ以外の都市でランウエイショーを開催するのは1952年の創業以来これが初めて。また、プレ・コレクションをランウエイショー形式で発表するのもブランドとして初めてになる。

ジェフロワ・ドゥ・ラ・ブルドネイ(Geoffroy de la Bourdonnaye)=クロエ最高経営責任者(CEO)は同イベントは現時点では1度きりとしつつ、「プレ・コレクションをショーで見せる戦略というより、中国のクロエガールズたちのために中国で何かをしたかった」と語る。ナターシャ・ラムゼイ・レヴィ(Natacha Ramsay-Levi)=クリエイティブ・ディレクターは1月に上海を訪れてインスピレーション源を探したほか、100%中国人で構成されているという中国の現地法人とアイデアを練ったという。

上海でランウエイショーといえば、昨年11月に「ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)」が中国で炎上し、上海で予定していたショーが開催数時間前にキャンセルされた例があるが、ドゥ・ラ・ブルドネイCEOは、「私はウォルト・ディズニー(WALT DISNEY)やペプシ(PEPSI)といった大企業で働いてきて、ある地域でパワーを持つには、何をするにも各地域の文化のアイデンティティーを考慮に入れることがグローバルブランドの基礎となることを学んだ。本国から来た人材だけでは、トップダウンのコミュニケーションになってしまう。一方でその地域や文化に根差した人々がいれば、相互のコミュニケーションができる」と話す。

さらにドゥ・ラ・ブルドネイCEOは、中国の消費者が「クロエ」の売上高の非常に重要な部分を担っているとし、「中国は他の地域よりも速いスピードで拡大している。その第1の理由は、われわれは中国で過小評価されていたため、第2に、中国政府が国民に外国で消費するのではなく中国国内で消費することを奨励しているためだ。中国の旧正月の期間中、中国語圏以外のインバウンド消費とは対照的に中国語圏で中国人の消費が増加した」と明かす。

中国で17店舗を構える「クロエ」は、3月29日に北京のチャイナ ワールド モール(CHINA WORLD MALL)の店舗をリニュアルオープンし、上海のIFCモールにも新店をオープンしたほか、西安のSKP百貨店にも昨年6月に出店している。今後の出店計画についてドゥ・ラ・ブルドネイCEOは、「現在中国の第1級、第2級の都市の9割に出店しているが、中国市場の成長に合わせてわれわれのネットワークも拡大していくつもりだ」としている。

アメアパが「アメリカンハウスパーティー」をテーマにした一夜限

「アメリカンアパレル(AMERICAN APPAREL)」は9月6日、「ヴォーグ・ジャパン(VOGUE JAPAN)」(コンデナスト・ジャパン)が主催するショッピングイベント「ヴォーグ・ファッションズ・ナイト・アウト(VOGUE FASHION’S NIGHT OUT 2014)でパーティーを開催する。

コンセプトは「アメリカンハウスパーティー」。ミニプールを設置した店内で、DJのTikiniやLicaxxxらがパフォーマンスを行なうほか、テーブルゲームのビアポンを用意し、”アメリカの学生が開くパーティー”の雰囲気を演出する。フィンガーフードに、東京・広尾のフライドポテト屋「アンド・ザ・フリット(AND THE FRIET)」フレンチフライやシナモンロール専門店「シナボン(CINNABON)」のシナモンロールを用意。ドリンクにはバカルディ ジャパンのリキュールを使用したカクテル2種とレッドブルを提供する。また、先着600人にスペシャルギフトをプレゼントする。

“今はエレガントがタブー。だから再解釈した” 「バレンシアガ」のデムナがテーラードに力を入れた理由

バレンシアガ(BALENCIAGA)」がまた時代の一歩先を行った。自身がリードしてきたストリートスタイルから一足抜け出し、エレガントやグラマーなスタイルに力を入れている。

前半は、先シーズン発表した“3Dテーラリング”のシリーズで、モデルの体を3Dスキャンしたデータを基に型を作り、圧着して成型。80年代調のパワーショルダーのコートドレスやスーツの生地はデニム、レザー、ピンストライプのウール、フェイクファーとバリエーションが増えている。

アーティスティック・ディレクターのデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)は「バレンシアガ」でデビューして以来、オートクチュールメゾンとしてのDNAを引き継ぎ発展させてきたが、今季はさらにその意識が高い。体から浮かび上がる筒状のキャミソールドレスは、生地の上辺とストラップにボーンを使用している。これは体と布の間の空間を大切にしていた創業デザイナー、クリストバル・バレンシアガ(Cristobal Balanciaga)のポリシーを現代流に再解釈したもの。横から見るとアルファベットの“C”に見えることから名づけられたシルエット“Cカーブ”は、シルクのシャツとデニムのキックスカートなどに取り入れられている。

特筆すべきは若い世代を意識したジャケットやセットアップの強化だ。ショーの後デムナはテーラリングについて、「『バレンシアガ』の顧客は若い世代が多い。テーラリングを普段は着ない彼らに着てもらうためにジョギングスーツのような素材を使ったり、シャツを必要としないジャケットを用意したりした」と話している。ジャケットは確かに触るとジャージーのように柔らかく、肩パッドが入っていないからカーディガン感覚で着ることができる。「最近は、エレガンスやグラマーがタブーのような感じだけれど、自分なりに現代に合うように再解釈してアクセシブルにした」と語っている。

圧巻の会場演出は、デムナがアートバーゼルで出会ったカナダ人ビジュアル・アーティスト、ジョン・ラフマン(Jon Rafman)との協業で実現した。「電脳の中にいるかのような体験ができる空間を作りたかった」とデムナが話す演出は、ガランとした空間にLEDパネルのトンネルを作り、床も壁も天井も映像ですっぽりと覆った。ショーが始まる前は水滴と水の波紋の映像が流れてまるで水の中にいるような感覚となり、ショーが始まるとコンピューター回線の中に吸い込まれたような映像がダイナミックに、そして滑らかに流れ続けた。発表した服が映像とすべてリンクしているわけではないが、今、時代の一歩先を行く「バレンシアガ」らしい世界だ。

「ティファニー」が原宿キャットストリートのバンクギャラリーを常設店に 日本初のカフェもオープン

「ティファニー(TIFFANY)」は4月19日、約3年の期間限定ながら常設のコンセプトストアを原宿のキャットストリートにオープンする。場所は、これまでさまざまなイベントが行われてきたバンクギャラリー。「ティファニー@キャットストリート」では、若い世代も気軽にジュエリーやブランドの世界観を楽しめるよう、商品を自由に試着できるスタイルスタジオやパーソナライゼーションカウンターのほか、最上階には日本初のカフェを設ける。

安藤忠雄が設計したバンクギャラリーの未来的なファサードには、ティファニーブルーにネコのイラストのオリジナルロゴが配される。6層構造、売り場面積約470平方メートルの店舗は、既存店とは異なるデザイン。プッシュする商品は順次代わり、オープン当初はアイコニックな“ティファニー T”にフォーカス。ピンク&イエローサファイアやブルートパーズを配した新作を世界に先駆けて先行販売する。ストアロゴを刻印したシルバーのタグチャームや、シルバー&ゴールドのキーチャームも数量限定販売する。

最上階のカフェでは、ホットドッグやブラウニー、コーヒーなど、アメリカ・ニューヨークを彷彿とさせるフード&ドリンクを提供。ティファニーブルーのドーナツやクッキー、映画「ティファニーで朝食を」を思わせるクロワッサンなども販売する。映画「ティファニーで朝食を」では、サングラスにブラックドレス姿の主演女優オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)が「ティファニー」本店の前でクロワッサンをかじるシーンがある。
▪️ティファニー@キャットストリート
オープン日:4月19日
時間:11:00〜19:00(カフェは11:30〜18:30で18:00ラストオーダー)
住所:東京都渋谷区神宮前6-14-5
定休日:不定休