実用型プレゼント

ダミアーニ×大人の人気ジュエリー4選

「ドルチェ・ヴィータ=甘い生活」をイメージさせる、ジュエリーを楽しんで心地よくつけることを大切にした『ダミアーニ』。

ハリー・ウィンストン ブレスレット 偽物

世界中の女性から愛され続けるイタリアの名門ジュエラー『ダミアーニ』。
多くの魅惑的なコレクションの中でも、とりわけリッチな佇まいと程よいボリュームのバランスが秀逸なジュエリーは、お守り的な存在として毎日つけたいものばかり!

ゴミトロ(Gomitolo)

触れるたびに心が和む、丸みを帯びた優しいデザイン

1980年代に創作されて以来、世界中の女性から愛され続けているコレクション「ゴミトロ」。
特徴的な量感のあるフォルムはやわらかな毛糸玉がモチーフ。優しくたおやかな輝きとボリューム感が魅力。ころんとしたトップが愛くるしいネックレスは日常使いにもぴったり。
〈写真〉胸元に品のいいアクセントと立体感をもたらす「ゴミトロ」のネックレスは、ひと目でブランドを物語る特徴的なデザインと、日本人女性に似合う小ぶりな量感が魅力。

ベル エポック(Belle Epoque)

時を重ねても色あせない、タイムレスで端整なダイヤモンドクロス

20世紀初頭におけるヨーロッパの「よき時代」がインスピレーションの源という「Belle Epoque」。華やかでエレガントな様は、すでにファッショニスタの間で話題に。

〈写真〉ダイヤモンドをデニムの着こなしにON。大人になった自分を実感するひととき

ディーアイコン(D.Icon)

冬も夏も艶やかに際立つ。この存在感、見逃せない
2012年の登場以来、「合わせる服を選ばない」、「個性&遊び心のある本物」と、高い人気を誇るコレクション。
今季は待望のブレスレットが仲間入りし、アイコニックな存在感がさらにアップ! 毎日の着こなしはもちろん、旅先のドレスアップしたスタイルにも似合う。
〈写真〉身につけるだけでクリアかつ凛としたニュアンスが漂う「ディーアイコン」。セラミック使いのジュエリーは、軽く優しいつけ心地も魅力。洗練のホワイトのほかには、肌になじむカプチーノカラーと、クールなブラックも。

ソフィア・ローレン

地金を生かしたリッチ感満点のデザイン

ダミアーニと親交が深かった、1960年~70年代のイタリア映画界で華やかな社交の中にいた名女優ソフィア・ローレン(写真左上)の名を冠したコレクション(2006年誕生)。

地金を生かしたリッチ感満点のデザインは、イタリアンジュエリーならでは。夜空に輝く星を表現したダイヤモンドのあしらいを控えめにすることで、よりカジュアルに楽しめるように仕上げた一品。

【関連記事】:Tokei365ファッション新オススメ

tehenの人気ブーツ3選

お手頃&カワイイを叶える隠れた人気ブランド
可愛くておしゃれで、それでいて履き心地のいいブーツ。フランス生まれのシューズブランド「テーン」は、そのふたつを両立しているから、毎日の通勤にも休日のおでかけにも大活躍! ますますオシャレに磨きがかかること間違いナシ。

くしゅっとしたリボン&バックルの甘系ショートブーツ。スエード調素材もあって、優しげな印象を演出してくれます。

定番的なサイドゴアブーツは、バックのお洒落キルティングが差をつけるポイント♪ スニーカーのように歩きやすいと評判の「4cm低ヒール」も特徴です。


もこもこファー×リボンのとっても可愛いショートブーツ。女子力UP間違いなしの一足は、男性ウケも抜群でデートやお出かけにぴったり

【関連記事】:711新時代ギフトおすすめ

ルノワールやゴッホの名作絵画が腕時計に

ルノワールやゴッホ、ドガなど名作絵画をモチーフにしたクリスマス限定腕時計「オリジナル絵画ウォッチ」が、2021年12月16日(木)より全国ブルーブルーエ(Bleu Bleuet) 全店舗にて発売される。

西洋絵画の名作が腕時計に

ルノワールやゴッホの名作絵画が腕時計に、文字盤で“名画鑑賞”できるクリスマス限定「絵画ウォッチ」|写真1

ブルーブルーエの「オリジナル絵画ウォッチ」は、誰もが一度は見たことがある西洋絵画の名作をモチーフにした腕時計。額縁を思わせるゴールドのスクエアフレームに、モネやフェルメール、ミュシャといった巨匠の絵画モチーフの文字盤を収めたデザインが特徴で、時計を見る度に“絵画鑑賞”のような気分を楽しめる。

ドガやルノワール、ブグローのクリスマス限定ウォッチ

エドガー・ドガ「舞台の踊り子」
2,530円

そんなアート好き必見の「オリジナル絵画ウォッチ」に、クリスマス限定の新柄が登場。エドガー・ドガ「舞台の踊り子」、ウィリアム・アドルフ・ブグロー「アムールとプシュケー、子供たち」、オーギュスト・ルノワール「春の花束」といった3種の柄が新たにラインナップする。

オーギュスト・ルノワール「春の花束」
2,530円

それぞれの絵画の色味と連動した、上品なレザーベルトのカラーにも注目だ。

ゴッホ「星月夜」もクリスマスカラーのベルトで再販

ヴィンセント・ファン・ゴッホ「星月夜」
2,530円

新柄に加えて、人気のフィンセント・ファン・ゴッホ「星月夜」を再販売。ベルトカラーをクリスマスカラーのグリーンに変更した限定仕様で再登場する。

【関連記事】:http://www.aiseishin.or.jp/public_html/diary.cgi

2022マークジェイコブス

「価格以上のリュクス感がある」「シンプルでどんなスタイルにも合わせやすい」、そんな好評な意見が多いマークジェイコブスのキーケース。
マークジェイコブスはここ数年、通勤バッグやデイリーバッグを中心に10代後半~50代の幅広い年代に支持されている、いま大注目のトレンドブランドです。
VERY、Oggi、CLASSY、AneCanなど雑誌掲載も毎月多数。流行に乗るならこのブランドは外せません。

マルジェラ 財布 偽物

【Gotham Key Case】
自然な風合いを残したシボ感のあるカウレザーを使ったキーケース。丈夫でキズが付きにくくデザインはシンプル。デイリーユースに最適です。

【Gotham Key Pouch】
ちょっとした小物も入れておける、中にキーリングが1つ付いたキーポーチ。素材は上記と同じカウレザー。大きめのジップトップが可愛いアクセント♪

【J,Marc. Key Pouch】
少しハードに使っても大丈夫。耐久性の高い硬めのゴートレザーを使ったマルチキーケース(小銭入れ+キーリング)。中央にアンティークゴールドのハードウェアをアクセントにしています。

【関連記事】:リゾートに連れて行きたいブランド水着

エンメティ(EMMETI)

”イタリア生まれの最旬アウターブランド”として雑誌を賑わせているEMMETIは、1975年にフィレンツェで生まれたハイエンドブランド。
特に特許も取得している「ムートンダウン」コレクションは、軽やかなダウンとリッチなムートンで世界中の感度の高い人から熱い視線が。

エンメティの人気ダウン&コート

週末デニムスタイルにも、デイリーのワンピやスカートにも似合うスレンダーシルエット&丈感。
真っ黒なダウンコートが辛口になりすぎずフェミニンに見えるのは、裾にあしらわれたムートンのおかげ。

ダークカラーもいいけれど、たまには清潔感のある白も気分。優雅な気持ちになれるクラシカルなノーカラーでお出かけも上品に。

”肩掛け”スタイルがエレガントに決まるダウンポンチョは、普段着もリッチにしてくれるオトナなアウター。
こちらは一般的なナイロンの重さ約半分の「スーパーライト」を使っており着心地も軽やかです。

【関連記事】:https://earth-factory.net/diarypro/diary.cgi

カナダグース(CANADA GOOSE)

カナダグースについて
「あったかカッコいい」カジュアルダウンの大本命カナダグースは、極寒の地であるカナダ・トロントで1957年に創業したアウトドアブランド。
 
エベレスト登山家などプロも愛用するほど防寒機能は十分。そのヘビーデューティーでハードなルックスは、ボーイスカジュアルとの相性抜群です。
カナダグースの人気ダウン&コート

お尻まで隠れるミディアム丈がポイントのダウンジャケット。カナダグースで1番人気があるモデルで、防寒性抜群ながらスッキリとスマートに着こなせるのが人気の理由。

オンザゴー 偽物

リアルなコヨーテファーは取り外しができ、カジュアルにもエレガントにも着こなせます。

長めの着丈とウエストをシェイプした細身シルエットのダウン。カナダグースの中で最も女性らしいモデルで、ワンピやスカートなどのフェミニンスタイルにも好相性。

カナダグース全部に言えることですが、日本人女性の体型と日本の気候に合わせ、ダウンの分量も調整されているのが嬉しいですね。

メンズっぽい形が印象的な短め丈ショートダウン。流行のMA-1感覚で着こなしてみたり、ボーイッシュに決めるのもアリです。

【関連記事】:2020ファッション新品ブランド時計、パック、服、財布、ジュエリー専門店

こんなキーケースが人気です

パリのエスプリ、シャネルが描いた世界観に酔いしれる高級キーケース。
シャネルはモードの巨匠と呼ばれた「ココシャネル」が創業したフランス・パリ生まれの高級ブランド。
「古い価値観にとらわれない女性像」をポリシーに常に斬新なスタイルと幅広い分野への挑戦を続けており、現在では革小物・バッグ・香水・ジュエリーなど女性のライフスタイルでシャネルを見かけない日はありません。

【マトラッセ】
きめ細かなステッチキルティングと、曲線で描く優美なシルエットが印象的な「マトラッセ」のキーケース。
シャネルの中では1番メジャーなもので、愛用している方も多いです。

【カンボンライン】
キルティングの本体にシャネルロゴを大胆にあしらったのがカンボンライン。ロゴは黒エナメルと白レザーの2種類あります。

【ロゴ】
最高級ラインの革「キャビアスキン」に大きなココマークを施したキーケース。スタイルを格上げするほど高級感にあふれています。

【関連記事】:http://jptrade.top/

こんなキーケースが人気です_コーチ

手が届くブランド物のレザーキーケースが欲しい」。そんな方にぴったりなのがコーチ。
コーチは6人の革職人さんから始まったアメリカの皮革工房。上質な革使いと堅実な作りの割りに手ごろな価格がアメリカで受け入れられ、2000年のシグネチャーの大ヒットもあって一躍トップブランドの仲間入りに。
こんなキーケースが人気です♡

【クロスグレインレザー】
耐久性に優れていて発色もいい「クロスグレイン」の革を使った人気キーケース。
6連+1つのキーリングが付いていて機能性もたっぷり。好みも年齢も関係なく使えるのでプレゼントにもおすすめ。

gucci さくらんぼ 偽物

【シグネチャー】
世界中で大流行して、コーチのアイコンにもなっている「シグネチャー」のキーケース。
パッと見てコーチだとわかるのでブランド重視の方にもおすすめ。


【デイジー フィールド】
コーチの中で1番カワイイ♪ フェミニンなフラワーを愛らしくプリントしたキーケース。
素材はコーチらしく本革なのもポイント。高級感もちゃんとあります。

関連記事:https://blog.goo.ne.jp/orinnpikku2021

http://o3o3copy.top/

グッチでおすすめのバッグ—グッチ(GUCCI)

ハイセンスなラグジュアリーバッグ
高級皮革職人である「グッチオ・グッチ」が創立したことがグッチのはじまり。その高品質かつセンスのあるデザインは、かのオードリー・ヘップバーンやエリザベステイラーもこよなく愛用していたほど。

その人気と実力の高さから一躍有名となり、現在はバッグ・時計・ジュエリーまで展開する”世界を代表する高級ブランド”の1つへと登り詰めました。

グッチの定番スタイル【GGキャンバス】はグッチのモノグラム柄が施された人気シリーズ。軽くて丈夫、しかもお手入れも比較的簡単な代表作です。

このシリーズを象徴するインターロッキングGがアクセントになっている【ソーホー】のバッグ。高級感あふれる軽量のグレインレザーを素材に使った、シンプルでいてエレガントな存在感があります。

上質なイタリアンレザー素材を洗練されたデザインで仕上げた【スウィング】のバッグ。耐久性のある革なので、デイリーに活躍する大人のレザーバッグとして人気の高い商品です。

関連記事:http://ddnsys.com/wp-includes/pomo/diary.cgi

ショーメ偽物(Chaumet)

皇后に愛された名門ジュエラー卓越した宝飾職人がいる都市として有名だったパリで、1780年、マリ=エンティエンヌ・ニトが『ショーメ』を創業。創造の才にあふれた革新的だったニトのつくるジュエリーはたちまち評判となり、のちに皇帝となるナポレオンもジョゼフィーヌとの婚礼の際、ショーメに豪華な宝飾品を注文。
『ショーメ』はヨーロッパで最も人気の高いジュエラーとなり、王侯貴族階級を顧客にしていき、女優をはじめ、現代のセレブリティにもファン多数。

現在はジョゼフィーヌの過ごした宮廷からインスパイアされた「コート」、絆がテーマの「ハート」、ジョゼフィーヌが愛した自然を表現する「ガーデン」と、3つの世界観で展開しています。
18世紀から続く歴史と高い技術、現代的なセンスが織りなす美しいジュエリーは、大人の記念日にもぴったり。重ねていくたびに、女の心を、人生を、もっと輝かせてくれます。

リアン

想いを伝えるジュエリーとして誕生した“一生物”

ショーメのジュエリーには、ひとつひとつのストーリがあります。例えば「リアン・ドゥ・ショーメ」のリアンとはフランス語で“絆”を意味するもの。
母から娘に、そして孫へと絆をつなぐ……そんな大切なメッセージも伝えていくことができます。

Bee My Love

凛としたハンサムな佇まいとカジュアルな抜け感が魅力

ショーメを代表するアイコンシリーズのひとつ「Bee My Love」。ナポレオン1世の権力の象徴であり、強さと永遠のシンボルであるミツバチのハニカムをモチーフにしたこのコレクションは、デイリーも使いやすいと大人世代にも大人気。
さらにコレクション同士、重ねやすいから、つい揃えたくなる……それも「Bee My Love」の魅力。

〈写真上〉子どもと接するときはリップクリームやグロスで過ごすママも、いつもとは違うボルドーリップを選ぶ、そんな小さな冒険をジュエリーが後押し。チョーカー風ネックレスと、3粒のダイヤモンドが配された少し太めのハニカムリングには、ボルドーリップに負けない程よい主張が。ママを仕事顔に変える手助けをしてくれます。

〈写真右〉ひとりきりでカフェなんて久しぶりな贅沢時間。こんな時こそ、お気に入りのジュエリーを好きなようにMIXアレンジ。ペンダントとピアスの日があったり、好きな指に好きな組み合わせで重ねたり…など、気分に合わせて自分らしく自由に楽しんで!

〈写真左〉この日はダイヤモンドが配されたプレシャスラインのイヤリングと、ハニカムのファセット面が美しい地金だけのブレスレットを選択。この潔い2点だけでも無類の存在感があり、2つの美しく呼応。