歴史の重要性 ‐ 何といってもデイデイトは60年以上の歴史を有する。

デイデイトは、ロレックスのカタログの王冠に輝く宝石のようなものだが、誰もがそれに気づいているわけではない。InstagramではロレックスのSS製ダイバーズウォッチやクロノグラフ、GMTなどが注目を集めているが、ロレックスはそれらをヒーローピースとは考えていない。 デイデイトは、ロレックスが現在、SS製の時計を提供していない唯一のモデルであり、ごく少数の初期プロトタイプを除いて、今後も提供されることはないだろう。

新作 ロレックス スーパーコピー デイデイト 36 128239

カテゴリ ロレックス デイデイト
型番 128239
機械 自動巻き
材質名 ホワイトゴールド
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー シルバー
ケースサイズ 36.0mm
機能 デイデイト表示
ケース径36mmのデイデイト、【128239 デイデイト36】。
デイデイト36は、ロレックスが開発した最高性能を誇る新世代ムーブメントのキャリバー3255を搭載。
新たに14件もの特許を取得し、その精度基準はこれまでのクロノメーターの約2倍に設定されており、ケーシング後の日差は-2~+2秒で調整されています。
また、メインスプリングが収納される香箱も一新され、新採用のクロナジーエスケープメントの効率性と合わせて、パワーリザーブは約70時間まで延長されました。

しかし、まず理解していただきたいのは、デイデイトがカレンダーウォッチであるということだ。ダイヤル12時位置の幅広の開口部から曜日のすべての綴りを表示した最初の腕時計であり、世界中で受け入れられるよう最大26カ国語の言語オプションが用意されている。

デイデイトが発売された1956年を振り返ってみると、デイデイトは融和的アプローチでリリースされたことがわかる。永久カレンダーやムーンフェイズ、スプリットセコンド・クロノグラフといった極めて繊細な機構以外のコンプリケーションをロレックスが大衆に提供するための位置付けだったのである。

デイデイトが登場する数年前に、ロレックスがトリプルカレンダームーンフェイズのRef.6062と8171の生産を中止したのはまさにそのためである。これらの複雑カレンダーは販売が芳しくなかったが、ロレックスは複雑時計の世界を完全に放棄したくなかったため、デイデイトが登場したのだ。このニューモデルは、すぐにロレックスのカタログの最上位に位置づけられた。貴金属製のコンプリケーションウォッチであり、ロレックスのベースラインであるSS製ツールウォッチとは一線を画する存在であった。

「Ref.6062と8171では市場での成功を収められませんでしたが、ロレックスはまだコンプリケーションの時計カテゴリーに参加したいと考えていました」とフィリップス時計部門のアメリカ担当上級副社長のポール・ブトロス(Paul Boutros)氏は語る。「そこで登場したのがデイデイトでした。ロレックスは格調の高いものを作りたかったので、曜日表示機能を加えて特別な仕様にしました。そして、ロレックスはその時計をフラッグシップ機に据えたのです」

【関連記事】:http://shizuoka-riyo.ne.jp/cgi-bin/sunbbs/diary.cgi

「歴史の重要性 ‐ 何といってもデイデイトは60年以上の歴史を有する。」への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です